脳動静脈奇形を治すためには|脳動静脈奇形の危険な症状と安全な治療方法とは

気になる脳動静脈奇形の治療方法を学びましょう

脳動静脈奇形を治すためには

ナース

脳動静脈奇形の主な治療

脳動静脈奇形は、開頭外科手術が基本的な治療方法となっています。特に3mm以下の小さい腫瘍は、一度の手術で後遺症がでる心配もなく、摘出することができます。そのため、起こしてしまう症状の危険さとは裏腹に、安全に完治させることができます。また、大きなものであっても、一度の外科手術ですぐに取り除けることもあります。開頭手術以外の治療方法として、血管内治療やガンマナイフによる治療も併用することがあります。血管内治療はコイル塞栓術とも呼ばれている方法で、血管内にカテーテルを通して行う手術方法です。ガンマナイフは、放射線治療の一種です。これらの方法は開頭手術の補助として行われることが多いようです。

信頼できる外科医を探そう

安全な治療を行なってもらうためには、信頼できる外科医を探すことが絶対に必要です。脳外科手術に多くの実績があって、多くの患者さんを完治させてきた経験がある名医を探しましょう。特に脳動静脈奇形は、ごくまれな症例であるため、患者数が全体的に見れば少ない病気であるといえます。しかし、だから自分は違うだろうと安心できる病気ではありません。むしろ、そのために気付かれにくく、同時に手術を行ってきた実績を持っている医師が少ない病気であるともいえるのです。後遺症を残すことなく、完全に治療するためには、信頼できる医師と最新の設備を備えた病院を見つけることが必要なのです。