脳動静脈奇形とは何か|脳動静脈奇形の危険な症状と安全な治療方法とは

現れる症状や必要な検査など脳動静脈奇形に関すること

脳動静脈奇形とは何か

医者と患者

脳動静脈奇形とはどのような病気か

脳動静脈奇形とは、脳の中を通っている動脈と静脈が直接つながってしまう先天性の病気です。本来ならば、血液は毛細血管を経由して、動脈から静脈へと流れていくようになっています。この脳内の血管は、母親の胎内にいる時にそれぞれに分かれていきます。しかしながら、この時に血管の分離が上手くいかないと、どちらにも分かれていない異常な血管が発生してしまい、動脈と静脈が直接つながってしまうことになるのです。

脳動静脈奇形はどのような症状を起こすか

分かれているはずの血管がつながっていることで、血流に異常が生じてしまいます。具体的には、血圧が強い動脈から、血圧が弱い静脈や、異常な発達をしたどちらでもない余分な血管へと強い圧力の血液が流れてしまうのです。それによって、本来圧力に弱い血管が耐え切ることができずに破裂してしまい、脳内の出血へとつながります。そして嘔吐や頭痛、意識障害やてんかんなどの運動障害などのさまざまな危険な症状を引き起こすことになってしまうのです。

いつごろ発症するのか

脳動静脈奇形は、年齢が上がるごとに大きくなっていくことが多いようです。そのため、幼いころはあまり自覚症状がないことが多く、働き盛りである20代以降から40代頃になってから、急に発症することが多い病気です。その特徴から、実際に症状が発生するまでなかなか気付かれないことも多く、症状も危険なため注意が必要な病気となっています。頭痛や吐き気などの気になる症状に気付いたら、すぐに病院で検査し、医師の所見をあおぐことにしましょう。

発見には検査が必要

脳動静脈奇形を含めて脳内血管の異常は、CTスキャンやMRI検査などによる検査で発見されます。出血などの症状がまだ起こっていない場合でも、発見されることがあります。早期に発見することができれば、その分治療も早く始めることができ、安全に進めることが出来るのです。例え自覚症状がなかったとしても、無関係であるとは限りません。脳内出血などは、前兆もなく突然起きる可能性があります。そのため、人間ドックなどで定期検診を受け、早期発見に努めることが大変重要です。